関口 武(せきぐち たけし)

小川亜矢子に師事

スタジオ1番街・Sunday performanceにて多数の古典パ・ド・ドゥを踊る

日本バレエ協会公演、井上バレエ団、小林恭バレエ団公演に参加

 

 ・1986年 香港バレエ団

  「ラ・シルフィード」、「コッペリア」等の全幕の主役

 ・1988年 ロイヤル・ニュージーランドバレエ団

  「ロミオとジュリエット」全幕より”マキューシオ”役で活躍。ヨーロッパ公演(52回)に参加

 ・1990年 南アフリカ国立ナパックバレエ団

  「コッペリア」、「パ・ド・ディス」(バランシン振付)等で主役

 

1991年に帰国後、<千代田工科専門学校ミュージカル科>、<昭和音楽大学付属バレエ教室><昭和音楽学院ミュージカル科>の非常勤講師、<さいたま市・腰塚なつ子バレエアトリエ>講師を経て、

2003年5月、蕨市中央に「バレエスタジオ Central Ave.(セントラル アベニュー)」を開設

2008年4月、蕨市南町に新スタジオ完成。「関口・吉川バレエアカデミー」と改名


吉川文子(よしかわ あやこ)

笹本公江、永江巖、小川亜矢子に師事

 

埼玉県舞踊コンクール・第2部入賞(毎日新聞社賞)

埼玉県舞踊コンクール・第2部優勝(県知事賞・橘秋子賞)

東京新聞主催全国舞踊コンクール・第1部第3位

 

・1981~1987年

 日本バレエ協会主催公演、文化庁主催公演に参加。古典バレエから現代バレエまで多くの作品を踊る

スタジオ一番街Sunday Performanceでは小川亜矢子代表作「妖精」「野火」「テーマとバリエーション」、「好色五人女」の“お夏”

 

・1987年~

 香港バレエ団

「コッペリア」「ジゼル」の全幕で主演他。バランシン振付「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」、「シルビア」、「ワルツ オブ ファンタジー」

マクミラン振付「コンチェルト」他 

 

・1989年~

 南アフリカ国立ナパックバレエ団プリンシパル。「ロミオとジュリエット」「ジゼル」「コッペリア」「くるみ割り人形」「レ・シルフィード」等の全幕主演

バランシン振付「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」「アレグロ・ブリランテ」「タランテラ」「フォーテンぺラメンツ」「フーケアーズ?」「コンチェルト・バロッコ」、アシュリー・キラー振付「シューベルト スワロー」

 

 

帰国後もナパックバレエ団、ロイヤル・ニュージーランドバレエ団にゲストプリンシパルダンサーとしてたびたび招聘される

 

・1991年帰国

 小川亜矢子振付「エスキス」、「アデルの恋」、「二人の女」

1992年より“東京バレエ学園・教師クラス”講師

1997年より“青山ダンシングスクエア”にてダンサー及び講師

 小川亜矢子振付「オルフェウス」「インソムニア」

2014年新国立劇場での青山ダンシングスクエア・ファイナル公演では「レ・シルフィード」を踊る

 

 

・2012年、12月、第16回日本レーザー・スポーツ医科学学会にて「ダンサーのスポーツ障害(ケガ)の特徴」を講演

 

現在、“ICHIBANGAI-Dance Studio”講師、“関口・吉川バレエアカデミー”代表

日本バレエ協会会員

ICHIBANGAI-Dance Studio ホームページはこちら

 


        香川祥子

       神鳥恵子